もりした眼科

白黒反転
〒760-0079
香川県高松市松縄町1140-9

TEL.(087)865-6633

FAX.(087)865-6638

診療案内

当院でできる診療について

  • 白内障手術

    日帰り白内障手術

    病院の手術室と同じ清潔度の手術室にて、安全で評価の高い手術機器を用い、丁寧で安心できる技術を提供いたします。一人一人の患者さまに十分な説明の時間をかけて、納得、安心の日帰り手術を受けていただきます。

    詳細はこちら

  • 眼科ドック

    眼科ドック

    目の病気には、かなり進行しないと症状に気がつかないものも多くあり、当院ではそれらの眼疾患の早期発見を目的とした“眼科ドック” を行っております。検査のあとは、現在の眼の状態について、十分に結果を説明いたします。

    詳細はこちら

  • コンタクトレンズ診療

    コンタクトレンズ診療

    コンタクトレンズは目に直接付ける“高度管理医療機器” です。当院では患者さまの眼の状態や形、生活環境や使用目的に応じて、一人一人に適したコンタクトレンズを処方し、正しいケアの方法をお伝えします。

  • ロービジョンケア

    ロービジョンケア

    目の病気や外傷で視力低下、あるいは失明した患者さまの生活の質の向上を目指します。社会福祉サービスの紹介、視覚補助具の紹介や選定などにより、見えない、見えにくい患者さまとともに、できることを一緒に探します。

検査機器

外来機器

  • CT-1Pノンコンタクトトノメーター

    眼の表面に空気を当てて角膜の形状の変化から眼圧を検査する装置です。

  • KR-1オートケラトレフラクトメーター

    眼の屈折状況(近視・遠視・乱視など)を検査する装置です。

  • SP-1Pスペキュラーマイクロスコープ

    角膜内皮の数を測定・解析する装置です。主に、白内障手術前・コンタクトレンズ装用者の角膜内皮障害の検査に使います。

  • ALADDIN光学式眼軸長測定装置

    白内障手術の際に挿入する眼内レンズ度数決定のために使用します。また、角膜の形状解析も可能なため、不正乱視、円錐角膜の診断にも有用です。

  • DRI OCT Triton Plus3次元眼底像撮影装置

    黄斑疾患や糖尿病網膜症、緑内障などを眼底の断層撮影により診断する装置です。また、網脈絡膜循環、微小血管の構造を可視化し観察することができる最先端のOCTAngiography(OCTアンギオグラフィ)も導入しています。

  •  HandyRef-K

    持ち運びができる、近視・遠視・乱視を自動で計測する機器です。 小さなお子さまや移動が困難な方に使用します。

  • HFAⅡ750iハンフリー自動視野計(静的視野計)

    自動で見える範囲(視野)の欠損部の有無、範囲を調べる装置です。緑内障の早期診断や経過観察に特に有用です。

  • PASCAL Synthesis眼科用レーザー光凝固装置

    糖尿病網膜症、網膜裂孔など、眼底の治療に使用する装置です。当院では、高速かつ均一なパターン照射と高精度な位置決めが行え、患者さまの疼痛が軽減できる装置を導入しています。

  • NEITZアノマロスコープ OT-Ⅱ

    1型と2型の色覚異常の分類と程度の判定が必要な場合に実施します。

診察室機器

  • SL-D701スリットランプ

    医師が診察の際に使用します。当院の装置には、LED光源を採用。高解像度カメラを搭載しており、写真撮影や動画撮影ができ、その場で患者さまに説明することができます。

手術室機械

  • インフィニティビジョンシステム白内障手術装置

    白内障手術機械として現在世界中で最も多く使用されています。安全で効率のよい白内障手術を行うことが可能です。

  • OMS-800手術用顕微鏡

    白内障手術用顕微鏡です。

アクセス

〒760-0079 香川県高松市松縄町1140-9
初診の方はこちら 再診の方はこちら